車の点検・修理はどこに依頼する?

車を修理するときのおすすめの業者

車の点検・修理を依頼するには

信頼性を求めるならディーラーでの修理がおすすめです。 社員マニュアルでしっかりとした教育が行われていて、大手メーカーブランドとしての責任感が備わっています。 長年の実績で自社の知識や修理の事例も多く安心して任せることができます。 チェック体制も万全を期して行われています。

車両保険を適用

任意で車両保険を使用して修理をする場合には、保険会社に相談してみましょう。 提携の整理工場がある場合が多く、修理までの流れや保険の手続きをスムーズに行うことができます。 保険適用すると等級が下がりますので翌年以降は保険料があがりますので、車の状態で判断しましょう。

認証工場・指定工場

整備工場は、認証工場と指定工場の認可を受けているところを選びましょう。 国土交通省の地方運輸局長に認められた工場です。 認証工場は、自動車の分解整備を行うために認証を受けています。 加えて一定の基準を満たし指定自動車整備事業の指定を受けていると指定工場となり車検を受けることができます。

自社ブランドとしての安心感

車を安全に走行するために状態に問題がないかどうかを確認するために車検や定期点検が存在しています。
法定点検は、12か月点検、24か月点検の2種類の法定点検が義務として定められていますが、一般的には受けるタイミングは車検と同じであるため一緒にまとめて受けています。
自家用乗用車の車検を受ける時期は初回は新規登録から3年、2回目以降は2年ごとです。
車検を通さずに走行すると無車検運行として厳しい罰則が設けられています。
メンテナンスを欠かさなくても故障、事故、天災、いたずらなどで修理が必要になることがあります。
通勤や通学など普段車を使う方にとっては、困りますよね。
自動車整備の資格を持っている方は自分で修理できるかもしれませんが、ほとんどの方はプロの方へお願いすることになります。
こうした点検や修理を依頼するときには、いくつか選択肢があります。
ディーラー、車用品の専門店、民間整備工場などになるのではないでしょうか。
当然費用もかかりますので、安く抑えたいですが、一番に重要視したいのはやはり整備内容です。
しっかりした整備を行うことで安全なカーライフを送れます。
ずさんな整備で終わらせると後々トラブルが発生してしまうとかえって高くついてしまうこともあります。
整備や修理を依頼する場合には、見積書をもらい内容についても細かくチェックしましょう。
依頼する先で受けられるサービスの質や費用は変わってきます。
しっかり比較していきましょう。