車を修理するときのおすすめの業者

車の点検・修理を依頼するには

ディーラーに依頼するメリット

車の購入時に、ディーラーに保証料金を支払っています。
そのため保証期間内なら保証対象のパーツの修理なら格安あるいは無料で交換してもらえます。
部品や消耗品の交換にはメーカーの純正のパーツを使用します。
サイズもぴったりで取付時にフィット感、色合いの違和感がなく互換性を心配する必要がありません。
車を長もちにもつながります。
また、車種ごとのコンピューターでの診断システムを持っていることが多く、故障の部分を速やかに割り出してもらえます。
サービス面でも充実しています。
スケジュールも優先して調整し、時間も厳守してもらえます。
待ち時間は、広い待合室で飲み物や茶菓子のサービスや最近ではキッズルームを備えているところもあります。
必要なら代車を借りることもできます。

ディーラーに依頼するデメリット

保証対象以外での修理では、費用は高くなりがちです。
メーカーとの関係で割安な他社のパーツを使うことができません。
純正パーツは流通数も多くないので割高になります。
充実した設備や高品質のサービスにもコストはかかっています。
ディーラー独自の規定でチェックを行うのでまだ使える状態でも交換をすることがあります。
依頼した修理よりも費用がかかることもありますが、対応できないこともあります。
純正品でないパーツは取り付けることができません。
中古車や輸入車で古いものは、部品の生産が終了していて在庫がないと修理を断られることがあります。
また改造車の修理は請け負ってもらえません。
ディーラーでは、部署や営業所の異動がありますので優秀な整備士の方に継続してお世話になることは難しいという一面もあります。


シェアする

B!