車を修理するときのおすすめの業者

認証工場・指定工場

民間整備工場のメリット

整備工場は、一店舗ごとに経営していることが多いので、顔なじみにあることができますので親身になって相談に乗ってくれます。
行きつけになれば、強い味方になってくれます。
詳しく説明してもらえますし、整備士からアドバイスももらえます。
ディーラーや車用品専門店は外車や年式の古い車の場合、部品が取り寄せられないという理由で断られることがあります。
しかし、整備工場なら代案を提示してもらえる可能性があります。
珍しい車、改造車にも対応してもらえます。
費用面でも安くなる可能性があります。
ディーラーは、特定の車種やメーカーの知識や技術力はありますが、整備工場は修理に特化したプロですので技術力はあるのではないでしょうか。

民間整備工場のデメリット

個人経営の整備工場は数が多いので、お店を選ぶのは難しいです。
整備工場によって技術や費用が違うので選定するのに時間がかかります。
口コミで複数の良い評価があったり、地元で昔から利用されている整備工場なら信用度も高いでしょう。
依頼時に、複数社同時に相見積もりを取り、納得できる金額の業者を選ぶようにします。
部品は、在庫が少なく取り寄せることが多いので、時間がかかる可能性もあります。
少人数で作業をしているところだとすぐに対応してもらえないこともあります。
タイミングが悪ければ後回しになってしまうこともあります。
また、板金や塗装などの専門分野の修理しかできない整備工場もありますので最初に確認しておきましょう。


シェアする

B!